【WCS2019 Ultra Series】 トリル偽装ルナオーガ

【WCS2019 Ultra Series】 トリル偽装ルナオーガ

f:id:kaomassiro:20190815235703j:plain


8/10に岡山市で行われたつのおふ(成績:優勝)で使用した6体と同じですが、オフのよりも良いと判断した持ち物や技、配分を載せているため、一部異なるものがあります。

 

 

個別解説

 

※性格補正がないものには「C252」のみでの表記にしています。

天候やダブルダメなどの表記を省略しています。

 

 

f:id:kaomassiro:20190815230621g:plain

ルナアーラ@ルナアーラZ 臆病

シャドーレイ/追い風/ワイドガード/守る

努力値:H52 C204 S252

実数値:219--109-183-127-163

C特化ルナのシャレイ確定耐え

 

ワンウエポンはドーブル/ガルーラ/ミミロップの様なノーマル枠と当たった時は確かにしんどいですが、ノーマル以外に撃つことがほとんど無いのと、ワイガがあったおかげで勝てる試合の方が多いので全然戦えると思います。

最近のレックは体感8割型噛み砕く持ってるので注意。

 

 

f:id:kaomassiro:20190815230700g:plain

カイオーガ@藍色の珠 控えめ

根源の波動/冷凍ビーム/雷/守る

努力値:H164 B236 S108

実数値:196-×-131-220-180-124

A特化メガレックの珠画竜点睛確定耐え

S-1最速メガレック抜き且つレヒレ-1

 

雷の枠をしおふきにするなら根源→熱湯にします。(ワイガケア&命中安定)

 

 

f:id:kaomassiro:20190815230732g:plain

クチート@メガ石 慎重

じゃれつく/アイアンヘッド/不意打ち/守る

努力値:H252 A130 B4 D100 S12

実数値:157-143-146-×-140-72 (メガ時)

C252ウルネクの大地確定耐え

C4メガレックの珠大地確定耐え

C特化オーガの潮吹き確定耐え

おいかぜ下で準速ランドまで抜き

 

 

f:id:kaomassiro:20190815230844g:plain

 カプ・レヒレ@ウイのみ 穏やか

凍える風/熱湯/自然の怒り/黒い霧

努力値:H244 D108 S156

実数値:176-×-135-115-180-125

カプZできのみ発動(4n)

S-1最速メガレック抜き且つオーガ+1

C252ゼルネの+2ムンフォ確定耐え

 

3割ほどのグラ使いはオーガバック熱湯をケアして守ったり下げたりしてきます。

オーガ+1にすることで、怒り+オーガの技で効果的にダメージを与えることを狙っています。

 

 

f:id:kaomassiro:20190815230950g:plain

カミツルギ@マゴのみ 慎重

リーフブレード/聖なる剣/追い風/みきり

努力値:H68 A76 B4 D252 S108

実数値:143-211-152-×-91-143

C252オーガのしおふき確定耐え

準速グラカイ(90族)抜き

 

構築的に後発から受け出すことが多いので耐久ベースの配分にしました。

チョッキの方が受け性能は高く技範囲も広くできるが、追い風がある方がオーガをより活かせるためピンチベリー型で採用しました。

 

 

f:id:kaomassiro:20190815231016g:plain

ウツロイド@イワZ 臆病

パワージェム/ヘドロ爆弾/なりきり/守る

努力値:H68 B4 C180 D4 S252

実数値:193-×-68-170-152-170

下降補正メガレックの大地確定耐え

 

裏から出てくるグラをイワZ+パワージェムで致命傷を与えられる所が強かったです。

なりきりはびっくり技味があってすこなのですが、Zを通せればそのまま突破できてしまったりするので変更の余地あり、ルナコケコ構築が不利よりの択なのでイカサマでもいいかもしれません。

 

 

 

選出

基本選出

f:id:kaomassiro:20190815231506p:plainf:id:kaomassiro:20190815231524p:plain×f:id:kaomassiro:20190815231559p:plainf:id:kaomassiro:20190815231623p:plain

 

対ガルトルネグラゼルネ

f:id:kaomassiro:20190815231524p:plainf:id:kaomassiro:20190815231752p:plain×f:id:kaomassiro:20190815231559p:plainf:id:kaomassiro:20190815231825p:plain

 

 

 

WCS出場する日本勢頑張れ〜٩(.› ‹. )۶

 

【ルナオーガ】PJCS2019予選使用構築 レート1805

f:id:kaomassiro:20190602194001p:plain

 

構築経緯

 

カイオーガ

グラカイのどちらかを使いたいと思っており、グラはびっくりめざ水等で破壊されるのが怖かったのと威嚇サイクルが面倒だと感じ、カイオーガにしました。

 

ルナアーラ採用経緯

当時、カ・エールさんのゼルネネクロ(日)が流行っていてその2体(特にネクロ)と戦えるという点で採用したのが始まりです。

 

クチート

ルナオーガの2体はジオコンをしたゼルネやイベルに対して不利とされるためそこを補える点で採用

 

ランドロス

2016の感覚もあったためこれまで毛嫌いしていたが、ルナオーガがグラとガエンを誘いやすくこの2体に有利な為採用に踏み切りました。Z技のおかげでGSルールで大きく活躍できるようになった一体だと思います。また、全体的にコケコの一貫があり、Zを含めた電気技の一貫を止めれる要員としての役割も担ってくれた。

 

カプ・レヒレ

このルールのレヒレは高確率で黒い霧を覚えており、相手のゼルネの即時ジオコンの抑制を図ること、高い耐久とS操作、相手カプのフィールドの奪取、状態異常阻止、自然の怒りで削りも可能で高い汎用力を持ち合わせていると感じ採用。

 

アーゴヨン

ルナオーガ使用当初はメガゲンガーを入れて2メガ構築になっていたが、ゲンガーとクチートを両選出したい場面が多くあり、安定性に欠けると感じ枠の変更を検討。

上記5体は最速ゼルネより遅く、先制ジオコンを容易に許してしまうためゼルネより素早く且つ打点を持てるポケモンを入れたいと考えた。

更に、JCS手前に海外の大会でレックゼルネが結果を残し環境に変化をもたらしたとされています。

そこでレックゼルネの両方に上から抜群技打点のあるアーゴヨンを採用しました。

本構築はスイッチトリル系として運用するつもりなので見送ったが、トリル戦術に重きをおく構築にするならツンデツンデが有効だろうと考えています。最も、6月時点での環境ではレックゼルネロイドの構築が海外大会で優勝しウツロイドの相性の良さが認知された現在では地面技搭載のレックウザが増えてきていると思われるので注意が必要。

 

個別解説

 

ぽけっとふぁんくしょん!

ルナアーラルナアーラZ(ファントムガード・おくびょう)
213(4)-×( )-109( )-189(252)-127( )-163(252)
シャドーレイトリックルームワイドガード/まもる
ミラー意識のCS
「相手のルナアーラの対策は同速勝って先制ルナZを叩き込む」が結論と考えますが、同速負けすると一気に負けに直結するので注意が必要
 

ぽけっとふぁんくしょん!

ゲンシカイオーガ@あいいろのたま(はじまりのうみ・ひかえめ)
196(164)-×( )-141(244)-220( )-180( )-123(100)
こんげんのはどう/かみなり/れいとうビーム/まもる
S-1最速メガレックウザ抜き
 

ぽけっとふぁんくしょん!

メガクチートクチートナイト(ちからもち・しんちょう)
157(252)-138(100)-145( )-×( )-148(156)-70( )
じゃれつく/アイアンヘッド/ふいうち/まもる
ウルトラネクロズマのだいちのちから耐え
補正有ゲンシカイオーガの雨ダブルダメこんげんのはどう耐え
 

ぽけっとふぁんくしょん!

ランドロス霊@ジメンZ(いかく・ようき)
175(84)-178(100)-111(4)-×( )-109(68)-157(252)
じしん/がんせきふうじ/つるぎのまい/まもる
A-1ジメンZでH252ガオガエン確1
C+2ゼルネアスのダブルダメマジシャ2耐え
 

ぽけっとふぁんくしょん!

カプ・レヒレ@ウイのみ(ミストメイカー・おだやか)
175(244)-×( )-135( )-115( )-181(116)-124(148)
こごえるかぜ/しぜんのいかりひかりのかべくろいきり
ゼルネアスのC+2ムンフォ耐え
Sをカイオーガ+1にして、怒り→根源や霧→根源を狙う
 

ぽけっとふぁんくしょん!

アーゴヨンきあいのタスキ(ビーストブースト・おくびょう)
149(4)-×( )-93( )-179(252)-93( )-190(252)
ヘドロばくだんりゅうせいぐんかえんほうしゃ/まもる
本当はりゅうのはどうを使いたかったが、メガレックウザを1パンできないのでりゅうせいぐんを採用

 

 

 

VGC2018使用構築

VGC2018のルールが決まってから、色々なメガ枠を回していくつもりが気がつけばほぼテテフグロスしか回してませんでした。

 

テテフグロスの始まり

2017年12月に開催された「ジョウト・アローラ  」でテテフグロス雨を組んだのが始まりでした。久しぶりに触ってテテフの強力な火力を再実感しテテフを使おうと思い、グロス軸へと発展していきました。

続きを読む

【VGC2018】 テテフグロスZWEI(ツヴァイ)【最高レート INCJ:1770 / INCM:1789 / PJCS:1710】

こんにちは、のぶと申します。

今回は、VGC2018の総括記事ということで、今までの主な大会で使用した構築について解説していきます。

複数の構築を紹介しているのと、いつもより多めに解説して長い文になっていますのでご了承ください。

 

f:id:kaomassiro:20180603194620j:plain

続きを読む

第34回 がにゅーオフ優勝構築

第34回がにゅーオフで使用した構築について簡潔に書きました。

個体の詳細について、便宜上全ては載せてないです、ご容赦ください。

※2018.6.2 実数値と努力値追記

 

戦績

予選 6-2(2位抜け)

決勝トナメ 4-0(優勝)

結果はありがたいことに優勝することができました。がにゅーオフという規模の大きなオフ会で優勝することができた事、とても嬉しく思います。


 f:id:kaomassiro:20180214223208j:plain

続きを読む

痛3DSの作り方 ~好きな画像でデコレーション~

こんにちは。今回は痛3DSの作成手順を説明していこうと思います。

記事のリクエストがあったのと、私も時々うろ覚えになることがあるので記事を書いた次第です。

 

必要環境

・パソコン

・プリンター

Inkscape(フリーソフト)

続きを読む

【全国ダブル サンムーンS6】 バンドリマンダ<レート最終1919 / 最高1949>

サンムーン シーズン6のダブルレートで使用した構築について記事を書きました。色々と課題を感じました。反省点ばかり綴るとは思いますがご容赦ください。

 

 使用構築

f:id:kaomassiro:20171111195410j:plain

続きを読む